【必見】奨学金全額免除を勝ち取る戦略

理系

どーも、masukenです。

つい先日の話ですが、日本学生支援機構から借りていた奨学金の全額免除が決まりました!

全額免除ということは、借りたお金を返さなくて良いということです。

僕の場合、月88,000×24ヶ月=2,112,000円分のお金を手に入れたということになります。
これってとても大きなお金ですよね?

では、僕は特別賢くて研究でも実績を上げまくっていたのかというと、
そんなことはありません。

ただし、僕は研究室に配属され奨学金免除の話を聞いてから、
全額免除を勝ち取るための戦略を考えていました。

なぜなら、僕が入った研究室は毎年、奨学金半額、全額免除の人が数名でる研究室だったからです。
そのため、僕にもチャンスがあると考え、免除を狙っている先輩や同期から情報を貰っていました。

今回は、手に入れた情報を元に考えた奨学金免除獲得のための戦略を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本奨学金支援機構から借りる奨学金について

奨学金の詳細

日本学生支援機構のHPから奨学金についてのページを引用して、
僕が借りていた奨学金の種類を紹介します。

国内の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ人を対象とした奨学金には、利息の付かない第一種奨学金 と、利息の付く第二種奨学金があります。これらとあわせて入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。

  • 第一種(無利息)
  • 第二種(利息が付くタイプ)
  • 入学時特別増額

引用 日本学生支援機構ー奨学金の種類

僕が受け取って全額免除になったのは、大学院生が借りる第一種の奨学金です。
他のタイプの奨学金については他のページを参考にしてください。
また、第二種奨学金の場合は免除の対象にはなりません。

全額もしくは半額免除になる人数

聞いた話によると、全額もしくは半額免除になる人数というのは、
各大学の学部ごとに決まっています。

それはおおよそ、学部の中で上位30%までが半額免除、上位10%までが全額免除と言われています。
つまり、100人奨学金を借りれば、20人が半額免除、10人が全額免除になるということです。

ちなみに上位というのは、研究活動などの以下の項目からランキングが決められています。

①学位論文その他の研究論文
②大学院設置基準第16条に定める特定の課題について研究の成果
③大学院設置基準第16条の2に定める試験及び審査の結果
④著作、データベースその他の著作物
⑤発明
⑥学業成績
⑦研究又は教育に係る補助業務の実績
⑧音楽、演劇、美術その他の発表会における成績 
⑨スポーツの協議会における成績
⑩ボランティア活動その他の社会貢献活動の実績

大体の人に関係するのは①、⑥、⑩などです。
①は学会での発表や修了論文(含まれない大学もある)、学術論文などを指します。
⑥は大学院における成績、⑩はボランティア活動の実績です。

注意しなければいけないのは、これらの基準は各大学学部ごとにまちまちであるということです。
実際に、僕が所属していた大学内でも学部によって基準が違いました。

奨学金免除を獲得するための戦略

ここでは、奨学金免除を獲得した僕や先輩の研究実績を元に、
奨学金免除を獲得するための戦略を考えていきます。

僕の3年間の研究室生活の実績

ここで、僕の3年間の研究室生活の実績を見てみましょう。

学会参加8回(国内学会5回、国際学会3回、全て口頭発表)

論文投稿5本(査読付き英語論文2本、査読なし英語論文1本、査読なし日本語論文2本)

村田財団奨学金(研究者海外派遣援助)獲得

ボランティア実績あり(学内で教授のお手伝い)

成績 GPA 4.16/4.5

です。上から順番に見ていくと、
学会参加の中でもポイントの高いものと低いものがあります。(これらの基準は僕の大学でのものです。)
基本的には、国際学会>国内学会、口頭発表>ポスター発表 です。

つまり、国際学会の口頭発表が一番ポイントが高いです。
でも、国際学会では英語で発表しないといけないので少しハードルが高くなっています。

論文投稿にも序列があります。
英語論文>>日本語論文、査読付き>>>査読なし です。

英語論文とは文字通り英語で書いて、海外のJournalに投稿するものです。
有名なところで言えばNatureとかScienceです。(もちろんそんなところには投稿していませんが)

また、査読とは論文のチェックのことです。
厳格な論文の場合、論文を書いて出すと、その論文を研究者がチェックしてから受理されます。
今は簡単にチェックと書きましたが、そのチェックは相当厳しいです。
大体、1度か2度はチェックで弾かれて帰ってきます。
(僕の場合、論文が受理されるまで9ヶ月、雑誌に乗るまで1年かかりました。)

査読なしの場合は論文のチェックはほとんど行われません。
そのため、査読ありと査読なしでは大きな格差があるのです。

その他、奨学金の獲得も研究実績に含まれます。
奨学金獲得ので得られるポイントは査読付き英語論文と同じくらいポイントが高いです。

あと、ボランティアと学内の成績がありますが、これはおまけのようなものです。
ですが、書ける実績があれば書いておきましょう。

奨学金免除を獲得した先輩の場合

奨学金半額、全額免除を獲得した先輩の実績を勝手に紹介していきます。(実績は覚えている分だけ)

先輩Aの場合(全額免除)

学会発表7回(国内5回、国際2回、ポスター発表含む)
セカンドオーサー以降での学会発表4回
論文投稿3本(査読付き英語論文1本、査読あり日本語論文1本、査読なし日本語論文1本)
セカンドオーサー以降での論文投稿1本

先輩Bの場合(全額免除)

学会発表4回(国内2回、国際2回、ポスター発表含む)
セカンドオーサー以降での学会発表7回
論文投稿1本(査読なし英語論文)
セカンドオーサー以降での論文投稿3本

先輩Cの場合(半額免除)

学会発表6回(国内5回、国際1回、ポスター発表含む)
セカンドオーサー以降での学会発表7回
論文投稿1本(査読なし日本語論文)
セカンドオーサー以降での論文投稿1本

先輩Dの場合(半額免除)

学会発表4回(国内2回、国際2回、ポスター発表含む)
セカンドオーサー以降での学会発表3回
論文投稿1本(査読なし英語論文)

※ファーストオーサーとセカンドオーサーについて
ファーストオーサーとは論文や学会発表の際に一番最初に名前が載っている人、
つまり、研究に一番貢献した人のことを指します。
また、セカンドオーサーとは一番貢献したわけではないが、
研究に貢献した人のことを指します。

奨学金免除に必要な実績とは

これまで、僕を含めて奨学金免除者5人の研究業績を紹介しました。
ここから言えることは、

  • 学会発表が多い方が業績のプラスが大きい。(特に国際学会)
  • セカンドオーサーで業績を稼ぐことが可能である。
  • 査読付きの英語論文を出すとポイントが高い。

などのことが言えます。
実際、僕の研究室の中で言われていた奨学金免除のためのボーダーは、

  • 学会発表6回内国際学会2回(学会発表4回)
  • 査読付き英語論文1本(1本または査読付き日本語論文1本)
  • その他奨学金獲得などの業績

()内は半額免除に必要とされるボーダー

でした。もちろん、これは東京大学や京都大学などの難関国立大学では当てはまらないと思いますが。
(ちなみに僕の大学のレベルは有名私立大学です。)

奨学金を獲得するための戦略

以上のことから、奨学金を獲得するための戦略を考えると、

学会発表の多い研究室に行きましょう。

ということになります。
学会発表が多い研究室の選び方についてはこの前書きましたが、
研究室に入るときに、先輩に聞けば学会発表が多いかどうか分かります。
また、研究室のHPがあれば、どれだけ学会発表に参加しているか、や論文を投稿しているかが分かります。

学会発表の数が多くなれば、論文を書くことは容易になるでしょう。
学会発表を何度もしていると、教授から
「そろそろ論文でも書いてみない?」
なんて言われるので、あとは頑張って論文を完成させましょう!

奨学金を獲得するのもオススメです。
特に国際学会に行くときには、渡航費や学会参加費を合わせると一人30万円弱になるため、
海外への渡航費を補助してくれるような奨学金に申し込むと喜ばれます。
なので、教授に相談して手伝ってもらい、申し込みの書類を完成させましょう!

以上が奨学金免除を獲得するための戦略です。

最後に注意点だけ、

露骨に研究実績だけ取りに行くのはやめましょう!

これは絶対ダメです。周りから嫌われます。
僕の周りにも奨学金免除を狙っている人はいましたが、その中には研究実績を稼ぐために、
貢献してもいない研究のセカンドオーサーに入れてくれと頼む人がいました。
この行為は研究室外の人にはバレませんが、非道徳的です。

奨学金免除を獲得している人は大抵は努力しています。
努力もせずに、研究実績だけを稼ぐような行為はやめましょう。

まとめ

今回は、奨学金免除獲得のための戦略について説明しました。

今回の結論は、「学会発表の多い研究室に行け」ということでしたが、
結局は本人の努力次第です。

もし、あなたが奨学金免除を獲得するチャンスを持っているのであれば、
是非、この記事を参考にして奨学金免除を狙ってみてください。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました