【書評】脳に悪い7つの習慣

読書

こんにちは、masukenです。
今回は「脳に悪い7つの習慣」という本を読んだので、その本の内容を紹介したいと思います。

この本は、以下のような人におすすめします。

  • もっと頭をよく働かせたいと考えている人
  • 知的活動を仕事にしている人
  • 脳科学に興味のある人
スポンサーリンク

本のあらすじ

脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。脳に悪い習慣とは、①「興味がない」と物事を避けることが多い、②「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、③言われたことをコツコツやる、④常に効率を考えている、⑤やりたくないのに、我慢して勉強する、⑥スポーツや絵などの趣味がない、⑦めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を、脳のしくみからわかりやすく解説。

Amazonの「脳に悪い7つの習慣」の内容紹介より引用

脳の考える仕組み

この本のあらすじ部分においては、人間の脳がどのように物事を考えているかについて
その仕組みを簡単に解説しています。

人間の脳は以下のような順番で、物事を考えています。

脳が情報を受け取る→感じる→理解する
→思考する→記憶する

この本では、上に挙げた人間の脳の物事を考える順序を考慮して、
脳に悪い7つの習慣を克服するように促しています。

それは、物事を考える最初の段階でつまずいてしまうと、
その後に控えている処理の部分でも高いパフォーマンスを出せなくなるからです。

では、人間が物事を考える5つの段階において、私たちはどのようにすれば良いのかを
説明していきます。

情報を受け取る

脳が情報を受け取るというステップで私たちがすべきことは、
「どんなことにも興味を持つ」ということです。

人間の脳を発達させてきたのは、「知りたい」という本能です。

子供が成長する段階においては、何事にも興味を持ち、色んなことに首を突っ込むことで、
たくさんのことを学んでいきます。

この「興味を持つ」という行為が、脳が物事を考える最初の段階のポイントとなります。

どんなに賢い人であっても、一度「興味がない」と判断してしまえば、
その「興味がないこと」については、深く考えたり、後々まで記憶に残ることはありません。

そのため、脳をよく働かせるためには、まず情報を受け取るタイミングで何事にも
興味を持ち、積極的に取り組むことが必要です。

感じる

脳は情報を受け取ると「A10神経群」と呼ばれるところで「好き」、「嫌い」といった気持ちを感じます。
つまり、「A10神経群」は情報に気持ちや感情のレッテルを貼るという働きをしています。

テスト前だからという理由で、嫌々行っている勉強や、
嫌いな上司から聞いた話などが中々頭に入ってこないといった経験はありませんか?

これは、情報に対して「嫌い」という負の感情を一度持ってしまったため、
その後に控えている理解や思考、記憶といった脳の大事な部分のパフォーマンスが
落ちているためだと考えられます。

これを克服するのは、単純で「嫌い」などの負の感情を捨て去ることが必要です。
普段から「疲れた」、「しんどい」、「ダルい」などの言葉を言ったり、
考えていたりする人は、一度自分が考えていることを見直してみましょう。

理解する・思考する

A10神経群でレッテルを貼られた情報は、前頭前野で理解・判断されます。
その後に通るのが、「自己報酬神経群」と呼ばれる部分です。
これは、「ごほうび」が得られることによって機能する神経細胞群です。

つまりは、この「自己報酬神経群」をうまく働かせることができなければ、
脳はその後に控える、思考する能力をうまく発揮することができないということです。

自己報酬神経群に関して、知っておくべきことは2つあります。
1つは、自己報酬神経群は目的や目標を成し遂げたり、自分、人の役に立ち
「嬉しいと感じる」こと(ごほうび)によって働くということです。
そして2つ目は、自己報酬神経群は、「ごほうびが得られそうだ」という期待によって働くということです。

そのため、ここで注意しなければならないのは、物事を行っている最中に、
「だいたいできた」、「もういいや」というように考えてしまうと、
脳はもう「ごほうび」は得られないと勘違いしてしまい、自己報酬神経群が働かなくなるということです。

次に、思考するという段階においては、「ダイナミック・センターコア」と呼ばれる部分で
情報が処理されます。

この「ダイナミック・センターコア」というのは、2つの渦巻型の神経回路が
何度も何度も繰り返して思考していると考えられています。

そのため、物事を思考するときには、効率を重視して、1回だけ頭に入れるよりも、
何度も何度も繰り返して考えることによって独創的なアイデアが生まれると考えられています。

そのため、本なども一度読んで終わり、ではなくて、何度も何度も繰り返して読むことが推奨されています。

記憶する

「物事を記憶する」ことは、ここでは「短期的な記憶」よりも「長期的な記憶」のことを指します。
情報を長期的な記憶として残すためには、脳に重要な情報であると認識させる必要があります。

この重要な情報であると認識させるためには、これまでに述べてきた、
情報に感情を付与するA10神経群や自己報酬神経群の働きを強くすることが必要です。

もう一つ、強く記憶をする方法としては、いくつも情報を重ねていくという方法があります。
人の名前を覚えるときには、名前だけを記憶するのではなく、
その人の特徴(例えば、体格や話し方、出身地)などを重ねて覚えることにより、
その人に対する記憶をより強いものにすることができます。

まとめ

今回は「脳に悪い7つの習慣」という本を紹介しました。
脳をうまく使うというのは、言われなければ中々意識することができません。
しかしながら、本記事で紹介した脳をうまく使う方法というのは、
誰でも簡単に出来ることばかりです。

脳の使い方が上手くなれば、学生であっても社会人であっても、
日々のパフォーマンスは向上する事間違いなしです。

本記事の内容は、紹介した本の一部にすぎないので、
もっと脳の使い方について知りたいという人は、一度本を買って読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました